通信教育と就職の拡大

准看護師が通信教育で正看護師資格を取得すれば、就職の幅が大きく広がることは間違いありません。通常大学病院では毎年大量に新卒看護師を採用します。採用後の研修制度には大きなウェイトが置かれており、座学と実地両方の講習が行なわれて一刻も早く戦力となるよう多方面から講師を招いて看護師のスキル向上を目指しています。
新卒看護師に対しては看護師としての教育に加えて新社会人にとって会得しておくべきビジネスマナ-も伝授しなければなりません。長い准看護師としての経験と実績を誇るベテラン看護師はそれらの問題点を新人のマナー育成という問題をスキップして、むしろ年の功でさまざまなスキルやノウハウを若手看護師に指導する場面もあるでしょう。採用する側から見ると新卒看護師を一人前にするために大きな投資を行ないます。ベテランの看護師にはそのような初期投資の心配をすることなく採用することができるのです。ただ、急性期医療の現場では年齢制限を設けている医療機関もありますので注意が必要です。また自分たちより若い看護師から指導を受ける場面もあるかもしれません。その辺は覚悟の上で医療現場へ立つ必要があります。一度通信教育で大量のテキスト読み込みやレポート提出の苦労を味わった人なら難なく乗り越えられることと思います。個人医院やクリニックで町のホームドクターのもとで働くと言う地域密着型の看護師のあり方も重要です。しかし通信教育で仕事とレポート提出を両立させ正看護師となった人はもっと野心に満ちて医療の最先端に身を置くことを望んでいるのしょう。その意気込みを初志貫徹してもらいたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP