准看護師と正看護師

准看護師の制度は1951年に設けられたもので、当時の正看護師不足を解消するために都道府県が実施する試験に合格すれば資格を取得することがきました。現在でも多くの准看護師が働いていますが、医師と正看護師の補佐的業務が多く、勤務上いろいろと制約が多い点があるのは否めません。また給与も正看護師とは格段の差があり豊富な経験と実績を持ちながら、あまり恵まれた境遇あるとは言えないのが現状です。さらに勤務先も限定されがちで正看護師が主に大学病院や総合病院へ就職して勤務するのが一般的なのに対して、准看護師は個人医院やクリニックが主たる就職先になっています。
長年に渡り准看護師として働いていると、通信制の看護師専門学校で学び、正看護師資格を取得して大規模な医療機関で実力を発揮したいと考える人々が出てくるのは当然のことと言えるでしょう。
豊富な実務経験があるので、必要な知識さえ取得すれば晴れて正看護師として活躍の場を広げることができます。通信教育の利点は勤めながら講義を受け、在宅のままテストやレポート提出が行なえる点にあります。
キャリア志向の強い人であれば現状から脱皮して正看護師の道を進むでしょう。大学病院や大手の総合病院での勤務ともなれば、最先端の医療技術を学び医療の現場で手腕を振るうことができます。また大学病院は研修制度に力を入れていますので、充実したカリキュラムを受講して専門看護師や認定看護師の資格を新たに取得することも可能です。正看護師の道を目指して通信教育で学び試験やレポート提出を突破して積年の願望を是非遂げてもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP